×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冴羽一写真館vol.12

「未来よりも今」

かれの周りの人間がいう。

「一体いつまでこんなことを続けるつもりだ?」

冴羽一は笑って答える。

「ぼくはこのさき俳優でやっていく事しか考えていませんから!」

彼はひたすら成功するビジョンを頭にイメージしつづける。

でも簡単には旨くはいかない。

そして落ち込むこともある。

しかし、立ち止まるわけにはいかない・・・・・

男とは叩きのめされても、ボロボロに傷付けられても、前に進む以外に選択肢はないのだ。

いついかなるときでも、ただひたすらに前に進む。

不安、迷い、恐れ・・・・・形のない怪物たちが心を惑わせる。.

しかし、冴羽一はその怪物たちにいって除ける。

「俺は今!生きているんだぜ!今、この瞬間、俺は生きているんだぜ!」

「過去も未来も関係ない!今という時を生き抜くことが俺のすべて!」

人は過去に縛られ、未来に不安を感じ、時に信じていた自分とは反対の行動をとってしまう。

過ぎ去った過去にすがることは無駄なこと。

先の見えない未来のために今を犠牲にすることは全くナンセンスなこと。

「過去」「未来」という呪縛から解き放たれたとき、人は自由になる。

冴羽一はいう。

「あたりまえの事だが、今という時間は今しか無い。」

「人にとって最も大切なことは「過去」「未来」にとらわれることなく今という時を精一杯生きること。」

「人生‘悔い,だけは残すな。」

今という時間だけを冴羽一は永遠に旅をする。

男の闘いに終わりは無い。

.

戻る